• yoshiaki tokuda

自然と工業の融合7『集塵設備の日常点検』

最終更新: 1月11日

2020年1月7日

2020年の目標,皆さまもうすでに実行されている方含めて

進捗具合如何でしょうか


7日経ち振り返る時期に来ているなと感じています


昨日 局所排気装置点検ミニ講習をさせて頂きました際

毎日点検表をつけていくことが重要です

とお話させて頂きました


それと同じく

やれなかった日は無記入で行きましょうとも


やっていない事実を曲げるのではなく

もしやれなかった日があればそれを振り返る

フィードバックすることが大切だと感じています


何故か


まず ステップを踏んでいく必要があります


ステップ1 現場の方が5分で点検作業出来る内容を準備する


ステップ2 管理者の方が確認する


ステップ3 検証する


ステップ3は、とても手間が掛かる上に

人が絡む為,沢山の事案が含まれます


もし 記入があるのにやっていない事実が発覚した場合


ゴミをすてる

吸引しているか確認する


この短い内容にも関わらず

何故,何処で、だれが 

大げさにいうと職場の組織形態まで及ぶ可能性がある


しかし


やれませんでした・・・無記入

あれば


時間的な問題なのか

仕事のシフト問題なのか

そもそも重要と感じていないのか


など


最短で解決出来うる事案に変えることが出来ます


2020年は思考力,時間の使い方,人間力


これは

『素直』こそが

より良い職場環境とコミュニティーを生み出すことと言えるのではないでしょうか


本当の環境改善に向けて一歩踏み出しましょう。


次号は,7号までの内容をフィードバックしていきたいと思います。


最新記事

すべて表示

自然と工業の融合43『何故ホームページ、ブログに写真と実績を載せていないか』

2020年2月10日 花粉症が始まってますね つらいです。。。 弊社のホームページ及びブログに詳細が 入っていないのか... そういうお話正直多いです 御提案の特性上 お困りごとの解決に向けての内容は お客様含め社内資料になり 1件ずつ丁寧にお仕事をさせて頂き ご採用頂けた内容につきましては 相互関係の信頼内容になりますので 今後も掲載は控えて行きたいと思います

自然と工業の融合42『気付き』

2020年2月9日 本日は、日差しは温かく風は冷たい なんとも日陰は避けたいところ 製品サービスの特徴である ”特性” 現在私個人の仕事内容もそうですが どういった仕組みと内容であるか少しフィードバックする必要がありました 特に,提案内容については 初めての方が多い,当然ですが 既存の機器構造等を理解することも含めて ”初めて”な訳です 特にどうですか? という商品とサービス構成かというと少々難し

自然と工業の融合40『力の扱い方』

2020年2月7日 日々今年最高の寒さ更新中ですねmaxはどこになるのでしょうか 昨今 粉塵も可視化の時代になってきており さらに,”力”の扱い方がオープンになることが見えてきました 現状は,製品の品質向上などの目的で 各メーカーが粉塵の可視化サービスを始めています 今後は、働き方改革の一環で AI、監視、管理 のキーワードを利用して 職場が見られていくことが出てくるでしょう そういった場合、現状

© 2017 OZEKI SETSUBI CO., LTD. All rights reserved.

お問い合わせはメール duct@ozekisetsubi.com