• yoshiaki tokuda

自然と工業の融合12『恐怖心プレッシャー の乗り越え方』

2020年1月12日

本日は,消防団の出初式です(子供)


樺沢紫苑の樺チャンネル,移動の際ずっと拝見しております

樺沢先生のいわゆるファンでございます。


では


何故,樺沢先生にたどり着いたかと言いますと

メーカーを卒業して1年弱のころ

寝れない日々・・・

どうしたこったいなと自問自答の日々

会社に戻る夢や目に見えないプレッシャー等々

自分で自分が客観的に見れない時期があり

どうしたものか

前向きな言葉を発して、行動する

出来ていたはずなのに

どうしたことか・・・


そしたらです


ある日突然 Youtubeのオススメに

樺沢先生紫苑先生がやってきた!

その時思いました

『この携帯は、絶対に私の独り言を聞いている』


何だこの裏しおんちゃん先生とか(笑)


ズバズバ言っている

なになに?睡眠と運動と日光浴ご良いとな!

専門外だそうですが,マインドフルネスについても解説されているではないか


私の話に戻りますが

まず 寝れない・・・寝れているようで寝れない


どうしよう 

とりあえず樺沢紫苑さんが言っているように

まず寝る前に今日あった良かったことを3行書いてみるかあ

ポジティブ日記をつけてみよう

そして フィードバックしてみよう

とりあえず素直に始めて

目標も書いて眺めてみました


始めは3行なんとかひねり出すような感じでした


例えば ガンダムマンチョコを10個買って嬉しかった 今の現状に感謝

    天然水をバローで通常130円を88円で購入出来た

    夕飯が美味しかった 特にサバの味噌煮をごはんにかけて食べたのは最高


などなど 人生において重要か?

そんなの関係ない

とにかくポジティブをさがそう!

そこに集中しました


そうしたら


なんと2019年に始めた日記は、今ではノートびっしり

イイな、勉強したいなと思った事項は

別ノートに自分の解釈と解説付きでまとめる


インプットとアウトプットを同時に繰り返すことで

見えない悩みが必要無い物だと考えることが出来ました

この『さがす・見つける・気付く』がとても楽しい


では 現在を生きるはどうする?


ガサガサです

川に入り網を入れて魚を見つける


川に入る(自分で 『入ると言う』 )

川に入った(自分 『入ったと言う』 )

網を入れる(自分で 『網を入れたと言う』 )

魚がいた(自分で 『魚がいた!と言う』)

1人でブツブツ言いながら・・・


今 自分が何をしているか 自分に言い聞かせる

自分の楽しい領域で現在を生きている確認をすることで

現在を生きて感謝することが出来ることも分かりました


仕事はは楽しいという感情もありますが

基本自分に向いているというよりは,適正があるとも感じています


常に悩みはつきもの

仕事をしている上でのプレッシャーや嫌な事など

山ほどあります


いままでは 鋼鉄のごとく受け止め

闘うことを 良し!としていましたが

ノレンのように構え

そして受け流す

全てが出来るという話ではありませんが

ポジティブ日記を書くにつれ

フィードバックの時間(読み返す時間)を

しっかり創ることにより,現在の見えないものと闘う

『恐怖心』や『妄想的なプレッシャー』に使っている

時間と労力がいかに無駄あるか

気付くことが出来

日々健康的に、客観的に状態を把握しながら

生活出来るようになったのだと考えています


樺沢紫苑【精神科医 樺ch】

脳科学,精神科学

裏しおん先生面白すぎです




© 2017 OZEKI SETSUBI CO., LTD. All rights reserved.

お問い合わせはメール duct@ozekisetsubi.com