• yoshiaki tokuda

自然と工業の融合21『インフルエンザAはかなりつらかった』

2020年1月21日

ようやく・・・熱が下がり

生きている実感がわくようになってきました

ベトナムは延期になりましたが,皆さま如何お過ごしでしょうか


本日は,そんなとてつもなく大変な思いをしてしまった

インフルエンザA型の症状について少し詳しく載せて行きたいと思います

※処方された薬名などは伏せています


まず振り返ると15日(水),朝起きると何か目まいのような症状

クラクラする感じするので,少し横になるなど

休憩するとちょっと良くなる感じで

やり過ごしていました


その時の体調記録はこうです

熱 36.5度(私の平熱36.9度)くらい

下痢なし、当然嘔吐なし

目も良く見えていて,いつも通りテンション高め

睡眠時間は約8時間


16日から17日まで全く同様に

仕事も出来ているし,疲れは少しあるかな~くらいな感じで

正直ちょっと休みたいな土曜日は!でした


土曜日も発熱は無し。。。



しかし


土曜日のよるから,一気に発熱とだるさが全開に

しかも寝れない状態

これはもしかして,症状がインフルでは...と

休日診療に掛かり検査をして頂くことに

あの鼻奥につきさすやつです

イターが結果A キターで渡航のキャンセルやら何やらで

バタバタからのバタン

インフルエンザの薬を日曜日朝飲んだのですが

そこから39度が火曜日朝まで続き

その間,人がたっている幻覚はみるわ

2週間熱が下がっていないとか言い出すわ


とにもかくにも 今回一番つらかったのは

呼吸器系で 息苦しい状態が長く続くのでこりゃ大変


そうはいえど 


今振り返るとやっておけばよかったなあと思うことも

あります

それは

・足がやたらと冷えるので,足元を温める

・温かい飲み物を飲む(水分補給)

・ちょっと食事する(消化のよいもの,排便解熱)


やって良かったことは

たまたま ベトナム渡航に向けて

両親が来てくれる予定っでしたので

マンションのゲストルームがとってあり隔離治療が出来たこと

ポカリなどの水分補給をして

頻繁にトイレへ行けたこと

など

皆さんに協力頂けたことで回復に迎えたと考えています

本当にありがとうございました


感染経路を振り帰っているのですがこれが解らない

予防保全についも,もっと勉強していきたいと思います。

© 2017 OZEKI SETSUBI CO., LTD. All rights reserved.

お問い合わせはメール duct@ozekisetsubi.com