• yoshiaki tokuda

自然と工業の融合24『粉塵対策の内側フィルター編)』

2020年1月24日

夕方の景色がとても美しい日ですね


本日はたまたま,粉塵がびっしりな集塵機をメンテナンスする日

その集塵機フィルターについて載せて行きたいと思います


そもそもは

吸わないってどのような状況でしょうか

集塵機がまわっているのに

粉塵が舞うなど

最初からなのか途中からなのかわかりませんが

全くというほど,酷い状態を言うのだと思います


では紐解いていきましょう

粉塵が舞ってしまうレベルにもよりますが

①最初からの場合☞そもそも選定が間違っている

②途中で吸わない

(その期間が短い場合,フィルターのツマリ具合を加味していない設計になっている)

③長期間使用して吸わない


③は素直にフィルター交換もしくは清掃

ですよね。。。


③の長期間吸込みが良好な状態が続き

吸込みが悪くなる場合のお話になりますが

集塵機のフィルターは通常(微粉や固着、水着性の粉塵を除き)

一気に交換レベルまでつまることはありません

まず、一次層☞2次槽が少し詰まる☞奥まで詰まる

この順番でフィルターの面積分沢山つまると吸わないということになり


少し詰まった状態で

(約1から1.5kpa)

長く使用出来るようになっています


なので日頃の点検や作業現場の観察は

大切ということになり

職場によっては,日常点検表として

言語記録をつけているのが現状ではないでしょうか


明日からの現場観察に少しでもお役に立てれば幸いです

最新記事

すべて表示

自然と工業の融合43『何故ホームページ、ブログに写真と実績を載せていないか』

2020年2月10日 花粉症が始まってますね つらいです。。。 弊社のホームページ及びブログに詳細が 入っていないのか... そういうお話正直多いです 御提案の特性上 お困りごとの解決に向けての内容は お客様含め社内資料になり 1件ずつ丁寧にお仕事をさせて頂き ご採用頂けた内容につきましては 相互関係の信頼内容になりますので 今後も掲載は控えて行きたいと思います

自然と工業の融合42『気付き』

2020年2月9日 本日は、日差しは温かく風は冷たい なんとも日陰は避けたいところ 製品サービスの特徴である ”特性” 現在私個人の仕事内容もそうですが どういった仕組みと内容であるか少しフィードバックする必要がありました 特に,提案内容については 初めての方が多い,当然ですが 既存の機器構造等を理解することも含めて ”初めて”な訳です 特にどうですか? という商品とサービス構成かというと少々難し

自然と工業の融合40『力の扱い方』

2020年2月7日 日々今年最高の寒さ更新中ですねmaxはどこになるのでしょうか 昨今 粉塵も可視化の時代になってきており さらに,”力”の扱い方がオープンになることが見えてきました 現状は,製品の品質向上などの目的で 各メーカーが粉塵の可視化サービスを始めています 今後は、働き方改革の一環で AI、監視、管理 のキーワードを利用して 職場が見られていくことが出てくるでしょう そういった場合、現状

© 2017 OZEKI SETSUBI CO., LTD. All rights reserved.

お問い合わせはメール duct@ozekisetsubi.com