• yoshiaki tokuda

自然と工業の融合24『粉塵対策の内側フィルター編)』

2020年1月24日

夕方の景色がとても美しい日ですね


本日はたまたま,粉塵がびっしりな集塵機をメンテナンスする日

その集塵機フィルターについて載せて行きたいと思います


そもそもは

吸わないってどのような状況でしょうか

集塵機がまわっているのに

粉塵が舞うなど

最初からなのか途中からなのかわかりませんが

全くというほど,酷い状態を言うのだと思います


では紐解いていきましょう

粉塵が舞ってしまうレベルにもよりますが

①最初からの場合☞そもそも選定が間違っている

②途中で吸わない

(その期間が短い場合,フィルターのツマリ具合を加味していない設計になっている)

③長期間使用して吸わない


③は素直にフィルター交換もしくは清掃

ですよね。。。


③の長期間吸込みが良好な状態が続き

吸込みが悪くなる場合のお話になりますが

集塵機のフィルターは通常(微粉や固着、水着性の粉塵を除き)

一気に交換レベルまでつまることはありません

まず、一次層☞2次槽が少し詰まる☞奥まで詰まる

この順番でフィルターの面積分沢山つまると吸わないということになり


少し詰まった状態で

(約1から1.5kpa)

長く使用出来るようになっています


なので日頃の点検や作業現場の観察は

大切ということになり

職場によっては,日常点検表として

言語記録をつけているのが現状ではないでしょうか


明日からの現場観察に少しでもお役に立てれば幸いです

© 2017 OZEKI SETSUBI CO., LTD. All rights reserved.

お問い合わせはメール duct@ozekisetsubi.com