• yoshiaki tokuda

自然と工業の融合37『集塵機の許容スペースとは』

2020年2月4日

空気は冷たい,日差しはポカポカ

杉が茶色ですね,花粉が飛んでいそうです


工事

集塵機を点検するにつれ,日々感じることが多々ありますが

本日は,集塵機の許容スペースについて触れていきたいと思います


皆さん集塵機の選定について

まずどこから始めるでしょうか


もちろんフード!


これは非常に重要です


次にダクト


そしてルートに伴い,フードの必要能力を加味して

最終的に集塵機となるのですが



さらに重要なことがあります


それは何を吸塵させるか


粉体の細かさ,重さなどなど

確認するべき事項が沢山あり

内容を把握していない場合,本来であれば集塵機の本体選定も

出来ない,ということにもなります


粉塵量もその内のひとつ

集塵機はコンパクにするがゆえに

処理量もほぼ決まっています

フィルターの選定を変えるなど対策はあるのですが

一般的に標準機を購入する場合での注意が必要になります


許容スペースとは

粉塵爆発を除外した条件でお話すると


まず上記の内容をみて,吸塵濃度が非常に濃い場合(ほとんど当てはまります)

油分と粉塵が混じる場合など

しっかり風速を調整した前処理ボックスでとり

最終的に,大気へ放出しないように集塵機で取る

この考え方が今後の大気汚染防止法に乗っ取って執り行う場合

とても大切な要素になってきますので

今後の記事にもさらに詳しく載せて行きたいと考えています


最新記事

すべて表示

自然と工業の融合43『何故ホームページ、ブログに写真と実績を載せていないか』

2020年2月10日 花粉症が始まってますね つらいです。。。 弊社のホームページ及びブログに詳細が 入っていないのか... そういうお話正直多いです 御提案の特性上 お困りごとの解決に向けての内容は お客様含め社内資料になり 1件ずつ丁寧にお仕事をさせて頂き ご採用頂けた内容につきましては 相互関係の信頼内容になりますので 今後も掲載は控えて行きたいと思います

自然と工業の融合42『気付き』

2020年2月9日 本日は、日差しは温かく風は冷たい なんとも日陰は避けたいところ 製品サービスの特徴である ”特性” 現在私個人の仕事内容もそうですが どういった仕組みと内容であるか少しフィードバックする必要がありました 特に,提案内容については 初めての方が多い,当然ですが 既存の機器構造等を理解することも含めて ”初めて”な訳です 特にどうですか? という商品とサービス構成かというと少々難し

自然と工業の融合40『力の扱い方』

2020年2月7日 日々今年最高の寒さ更新中ですねmaxはどこになるのでしょうか 昨今 粉塵も可視化の時代になってきており さらに,”力”の扱い方がオープンになることが見えてきました 現状は,製品の品質向上などの目的で 各メーカーが粉塵の可視化サービスを始めています 今後は、働き方改革の一環で AI、監視、管理 のキーワードを利用して 職場が見られていくことが出てくるでしょう そういった場合、現状

© 2017 OZEKI SETSUBI CO., LTD. All rights reserved.

お問い合わせはメール duct@ozekisetsubi.com