• yoshiaki tokuda

自然と工業の融合40『力の扱い方』

2020年2月7日

日々今年最高の寒さ更新中ですねmaxはどこになるのでしょうか


昨今 粉塵も可視化の時代になってきており

さらに,”力”の扱い方がオープンになることが見えてきました


現状は,製品の品質向上などの目的で

各メーカーが粉塵の可視化サービスを始めています


今後は、働き方改革の一環で

AI、監視、管理

のキーワードを利用して

職場が見られていくことが出てくるでしょう


そういった場合、現状の仕組みでの限界が見えてくる

そもそものギリシャ時代から続いている

換気技術の”本当”が求められてくる


力:電力も風力も重力(重さ)も全て

使い方の見直しの時代がくるものと考えています

少しづつ前進していくことが未来につながると思います。

© 2017 OZEKI SETSUBI CO., LTD. All rights reserved.

お問い合わせはメール duct@ozekisetsubi.com