• ozekix

労働環境を考える


お題の通り 本日は労働環境と生産性を考えます。

というと、ロボットでオートメーション化すれば??

すぐにそういう方いますが、順番に行きましょう

現在の労働人口、特に工場で働いている方(管理者の方も含めて)

どれくらいいるか、ご存知でしょうか

2018年3月労働力調査で、1081万人(製造業)だそうな

工場数にもよるでしょうが

未来に向けて、スマート工場化が進み

ロボットを守る局所排気や、構内空調関係も増えていくでしょう

にしてもです

そもそもの労働環境とは、なんでしょうか

1つは、残業削減含めた働き方改革

在宅ワークも含めた、遠隔ワーク化などなど

完全なオートorAI化というよりも

まずは、遠隔化を可能にするシステムなんでしょう

尾関設備は、これをキーワードに活動していきたいと考えています。

空調コントロールや、環境汚染度の見える化

整理整頓もそうですが、メンタルヘルス的にいうと

社員の表情(笑顔)なんかも、見える化して最適な労働環境を改善していくんでしょう

管理を徹底進めていくか

人間としての振動数をあげていくか

企業としては、方向性を問われているんでしょうね

どんな仕事でも

前向きに取り組める労働環境創りには

知恵を活かせる時代になってきた!!!と思います

さあ 振動数あげていきましょう!!!

色々企画していきたいと思います

宜しくお願い致します。

明日は、局所排気の歴史について

勝手ながら・・・

『繋ぐ』 株式会社尾関設備  Tel 0568-65-8716(代表)  Fax 052-308-3908  Email : duct@ozekisetsubi.com  ホームページ: ozekisetsubi.com

#ダクト #ダクト工事 #集塵 #局所排気 #働き方改革

45回の閲覧

最新記事

すべて表示

自然と工業の融合40『力の扱い方』

2020年2月7日 日々今年最高の寒さ更新中ですねmaxはどこになるのでしょうか 昨今 粉塵も可視化の時代になってきており さらに,”力”の扱い方がオープンになることが見えてきました 現状は,製品の品質向上などの目的で 各メーカーが粉塵の可視化サービスを始めています 今後は、働き方改革の一環で AI、監視、管理 のキーワードを利用して 職場が見られていくことが出てくるでしょう そういった場合、現状

自然と工業の融合24『粉塵対策の内側フィルター編)』

2020年1月24日 夕方の景色がとても美しい日ですね 本日はたまたま,粉塵がびっしりな集塵機をメンテナンスする日 その集塵機フィルターについて載せて行きたいと思います そもそもは 吸わないってどのような状況でしょうか 集塵機がまわっているのに 粉塵が舞うなど 最初からなのか途中からなのかわかりませんが 全くというほど,酷い状態を言うのだと思います では紐解いていきましょう 粉塵が舞ってしまうレベ

自然と工業の融合16『健康』

2020年1月16日 新年を迎え 早2週間と2日 今日は,車も健康にということで 日々安全にお客様のところへ届けてくれる エスティマ号に感謝とオイル交換をしてもらいつつ お届しています 一概に健康と言えど日々のストレス社会の中 体が無意識で防衛する部分も含めての管理は 非常に悩みどころですよね 戦うべきか、スルーして発散などで行くべきか 迷うところです セミナー関係のyutubeを移動時間中に見て

© 2017 OZEKI SETSUBI CO., LTD. All rights reserved.

お問い合わせはメール duct@ozekisetsubi.com