• ozekix

無題のブログ記事


おはようございます

ちょっと肌寒い、紅葉の始まるイイ~季節がやってまいりました

個人的には花粉も飛んでいない様子のこの時期が大好きです

普段から岐阜県大好き人

温泉あるし山キレイそして人が温かい

この季節お客さんの行く道中も最高なんですよね

ということで

本日は工場の清掃がお題でございます

ハイッ

いきなり確信ですが

モップで清掃してるけど・・・

設備されている会社さんは

床面洗浄機で清掃しているけど・・・

汚れを引き延ばしている感じで

あんまりキレイにならなくて

従業員の人も、清掃員もがんばってくれてるんだけど

なんて声

凄く多い!!!です

そこのあなた!!!

間違ってます

いや プロだと思っていた私も間違っていました

だって20年もやってますもん

現場どんだけ見てきたんだって話しですけど

特にカーボン汚れや、粉の取り扱いがある会社様

間違ってるケース本当に多いですよ

ちょっとの違いですが

大きく結果と日常が改善されます

あかんっす 岐阜県へレッツゴーなので

続きは次回のレシピブログにて。。。

待ちきれないという方はメールでも相談とお問い合わせください

『繋ぐ』

株式会社尾関設備

突込営業担当 徳田義昭

tel:090-2188-2729

メール:duct@ozekisetsubi.com

をよろしくお願いいたします。

#集塵 #清掃 #環境改善 #5s #6s #整理整頓

25回の閲覧

最新記事

すべて表示

自然と工業の融合39『機器の負荷軽減がもたらすメリット』

2020年2月6日 寒いです!伊吹下ろしの寒風真っ最中にお届しています 集塵機やミストコレクターの販売をしている身分として どうしてもお客様にしっかりお伝えしなければならないことがあります それは 入口濃度の性能限界があること どういうことかと言いますと ミストコレクターで言えば 入口濃度200mmg/m3という仕様性能があるとします 重切削と言われる、真っ白い煙状態のものは ざっくりですが,約7

自然と工業の融合37『集塵機の許容スペースとは』

2020年2月4日 空気は冷たい,日差しはポカポカ 杉が茶色ですね,花粉が飛んでいそうです 工事 集塵機を点検するにつれ,日々感じることが多々ありますが 本日は,集塵機の許容スペースについて触れていきたいと思います 皆さん集塵機の選定について まずどこから始めるでしょうか もちろんフード! これは非常に重要です 次にダクト そしてルートに伴い,フードの必要能力を加味して 最終的に集塵機となるのです

自然と工業の融合35『良い気持ちの再利用を考える』

2020年2月2日 昨日より風が弱まってきました 過ごしやすい日曜になりそうです 人生において自分は変われるが,他人は変えられない よくよく聞きます,特に最近ではyutubeでもモチベーション動画でも 取り上げられるケースが多い 他人は変えられない この部分はいかんともしがたいことで 課題の分離という観点では,まあ気にする必要はないかも知れません では 自分が変わるとは,どういう事でしょうか 困難

© 2017 OZEKI SETSUBI CO., LTD. All rights reserved.

お問い合わせはメール duct@ozekisetsubi.com