• yoshiaki tokuda

里山活動と仕事をリンク!


こんにちは、今年も12月ですね。。。

寒くなりました、皆様暖をどのようにとられていますでしょうか

そりゃあ 空調でしょ(工場・店舗)

ごもっとも!!!

弊社も御依頼頂いております身です、その通りかと思います

しかしながら、結論から申し上げて、工場環境=空調コントロールのように

広い視野で見た地域の環境から、温度調は可能と勝手ながら想っております

なぜならばと言いますと

私は現在、長久手市の里山維持を考え、活動に参加しており

先日勉強会にて発表がありましたが

昨年の温度測定データによると(非常にざっくりで失礼しますが)名古屋よりも暑い!そうです

長久手は自然もあって

すみごごち№1!と思っていたのですが・・・

その『自然』は、なんと!竹林70%強だそうです

何が言いたいかと申しますと

竹はほったらかしにすれば広がり

光を遮り、落葉樹などを枯らしてしまいます

最終て的に人間の住みやすい環境には返ってきません

間伐して手入れしていけば、タケノコもとれるんですよ

本当は。。。

落葉樹たちを植えていくのではなく

どんぐり君たちは本来であれば

自然と生えてくるはずなんです

※注)自然というのは、ほおっておくのではなく

鳥が運び、人が管理して成り立つことを言います

杉などは植林樹木になりますので

実が落ちて、葉が落ち腐葉土化して成長するものではありません

長久手でも最近、イノシシがでるらしいですが

山のどんぐり不足が深刻なことも山からおりてくる原因だそうです

樹木たちを管理して、お互いに大きくなり

光が入り風が流れる

かといって、人間が排出する二酸化炭素は悪役ではありません

太陽光線を吸収して、温度を保ってくれます

木々たちが酸素を育み、温度を下げる

そこには、人の手が絶対に必要なんですよね

自然を大切にと良く聞きますが

人が住みやすい環境が出来る自然が大前提であることも

我々は気付いているはずなのですが・・・

自然の定義は、繰り返しますが

人の住みやすい環境を樹木や動物そして昆虫、野菜・米に至るまで

全てにおいて人が、てを加え

育てて行くことが出来るんです

空調や集塵の設備も、人が考え、創り、そして運用しています

何もかもが正解なはず

しいて言うなれば

人の手が入っていない設備は壊れます

運用も上手く出来ない状況で結局、人に返ってきます

じっくり考え、本気で活用し

人の手で管理運用していくことが重要なのではないでしょうか

ITを導入して時間をつくり

地球のこと

地域のこと 考えましょうか

#里山 #地域貢献 #空調

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

自然と工業の融合37『集塵機の許容スペースとは』

2020年2月4日 空気は冷たい,日差しはポカポカ 杉が茶色ですね,花粉が飛んでいそうです 工事 集塵機を点検するにつれ,日々感じることが多々ありますが 本日は,集塵機の許容スペースについて触れていきたいと思います 皆さん集塵機の選定について まずどこから始めるでしょうか もちろんフード! これは非常に重要です 次にダクト そしてルートに伴い,フードの必要能力を加味して 最終的に集塵機となるのです

自然と工業の融合30『前処理ボックスの考え方』

2020年1月30日 温かい日差しがとても気持ち良いですね 本日のお題は、弊社がご提案しています 前処理ボックスの考え方について 少々触れて行きたいと思います サクロンやボックスなど 各社それぞれ工夫を重ねておられます 火だねを消したり、ダストミストなどの回収 ミストコレクターや集塵機といえど 入口(吸込み濃度)からとても濃い状態の 粉塵やミストが入ってきますと フィルター面積のとり方にもよります

自然と工業の融合6『街の景観が企業を映します』

2020年1月6日 今日は明智エリアにて初詣をまず 肌寒い感じが心地よく とても綺麗にされておられる神社さんには日々感謝 人が多く行きかう場所は ともするとゴミ 川にもゴミ 神社さんのように常に綺麗でいられるには どうのようにしたらいいのだろうか 常に感じて考えています やはり 大切に思うこころ 大事に使う人間性 綺麗でいることへの使命感など 人を突き動かす動機が ここにはあるのでしょう 打合せが

© 2017 OZEKI SETSUBI CO., LTD. All rights reserved.

お問い合わせはメール duct@ozekisetsubi.com