• yoshiaki tokuda

動くということ


こんにちは、今日は日曜日休日でしたので我が家は読書day

読書というと・・・硬いイメージがありすぎですよね

これからの、お話は押し付けるものではありませんので

あくまでも御興味ある方は、どうぞ(;^ω^)

今日の日曜日は、雨です・・・寒い上に雨

暇だなあ・・・出かけるとこも特にないし

本でも読んでゴロゴロしようか?

これだと何か、つまんないことを我慢して一日過ごしているような・・・

人生は考え方ひとつで、めちゃくちゃ明るいものに変わる

過ごしている時間に光がさして、嬉しくて楽しい時間にあっという間に変わると僕は考えています

例えば・・・

私は、趣味でコーヒーを焙煎しています

コーヒーをすこ~し焙煎して→

珈琲の香りがする部屋で読書をしてみると~

あら不思議、何かカフェみたいで良い感じ

里山活動で伐採した、竹でものつくりもしており

竹のマグカップに暖かいお茶をいれて

読書のお供に・・・

良い気分で、沢山勉強できる、なおかつリラックス出来るなんて最高!!!

あくまで私見なので人それぞれと思いますが

自分の考え方で、その場所・時間・雰囲気まで

ガラッと変わってしまうんですよね

何が言いたいかと言いますと

幸せな楽しい時間も、自分の想い込みでどうにでもなると思うんです!

明日から月曜日!

もっと良くしていきたいという人の想いに出会えること

#思い #良くなる #日曜日

7回の閲覧

最新記事

すべて表示

自然と工業の融合37『集塵機の許容スペースとは』

2020年2月4日 空気は冷たい,日差しはポカポカ 杉が茶色ですね,花粉が飛んでいそうです 工事 集塵機を点検するにつれ,日々感じることが多々ありますが 本日は,集塵機の許容スペースについて触れていきたいと思います 皆さん集塵機の選定について まずどこから始めるでしょうか もちろんフード! これは非常に重要です 次にダクト そしてルートに伴い,フードの必要能力を加味して 最終的に集塵機となるのです

自然と工業の融合30『前処理ボックスの考え方』

2020年1月30日 温かい日差しがとても気持ち良いですね 本日のお題は、弊社がご提案しています 前処理ボックスの考え方について 少々触れて行きたいと思います サクロンやボックスなど 各社それぞれ工夫を重ねておられます 火だねを消したり、ダストミストなどの回収 ミストコレクターや集塵機といえど 入口(吸込み濃度)からとても濃い状態の 粉塵やミストが入ってきますと フィルター面積のとり方にもよります

自然と工業の融合6『街の景観が企業を映します』

2020年1月6日 今日は明智エリアにて初詣をまず 肌寒い感じが心地よく とても綺麗にされておられる神社さんには日々感謝 人が多く行きかう場所は ともするとゴミ 川にもゴミ 神社さんのように常に綺麗でいられるには どうのようにしたらいいのだろうか 常に感じて考えています やはり 大切に思うこころ 大事に使う人間性 綺麗でいることへの使命感など 人を突き動かす動機が ここにはあるのでしょう 打合せが

© 2017 OZEKI SETSUBI CO., LTD. All rights reserved.

お問い合わせはメール duct@ozekisetsubi.com