• yoshiaki tokuda

工場内粉塵対策


おはようございます!!!今日も元気にはりきっていきましょう

『粉塵』吸いたくないですよね

厳密にいえば、どこでも埃はまってます・・・大気中にもある

産業革命から現在まで、つくりて側の心情からしますと

より良い物を提供する為、精度を上げる=細かい粉塵がでる

表裏一体と言いますか、産業ロボットに対しての影響も

同じく細かい粉塵に対しては工夫をする必要があるということですよね

ロボットも動きます・・・当たり前ですが

動くということは何処かが、可動するということになり

その部分に、影響が出てしまってはメンテナンス費用もかさむ

摩耗性のある粉であれば、なおさら

となると

やはり よく吸ってキレイに排気してもらう必要性がある訳です

とはいえど

粉塵と言っても千差万別あり

いわゆる鉱物と溶接ヒュームのような煙状の粉は

大きさも違えば、取り扱いの注意点も違ってきます

※粉塵爆発の危険性あればなおさらです

切断(カット)などでお困りであったお客様の改善事例も

非常に大枠なお話になりますが、載せていきたいと思います・・・つづく

お仕事のご依頼・質問・問い合わせは

duct@ozekisetsubi.comへよろしくお願いします。  


368回の閲覧

最新記事

すべて表示

自然と工業の融合43『何故ホームページ、ブログに写真と実績を載せていないか』

2020年2月10日 花粉症が始まってますね つらいです。。。 弊社のホームページ及びブログに詳細が 入っていないのか... そういうお話正直多いです 御提案の特性上 お困りごとの解決に向けての内容は お客様含め社内資料になり 1件ずつ丁寧にお仕事をさせて頂き ご採用頂けた内容につきましては 相互関係の信頼内容になりますので 今後も掲載は控えて行きたいと思います

自然と工業の融合42『気付き』

2020年2月9日 本日は、日差しは温かく風は冷たい なんとも日陰は避けたいところ 製品サービスの特徴である ”特性” 現在私個人の仕事内容もそうですが どういった仕組みと内容であるか少しフィードバックする必要がありました 特に,提案内容については 初めての方が多い,当然ですが 既存の機器構造等を理解することも含めて ”初めて”な訳です 特にどうですか? という商品とサービス構成かというと少々難し

自然と工業の融合41『機器の負担を計画する目的とは?』

2020年2月8日 今週末を終わり、少し重なるとは思いますがフィードバックしていきたいと思います 集塵機やミストコレクターはコンパクトにするが故の 処理限界(濃度)があるということ これは文章単体でのご説明は難しい為 弊社のお客様にご説明する場合、順を追って詳しく説明させて頂いているのが現状 機器の能力限界値を見極めて、いかに性能を発揮していくかということが ”前処理ボックス”の役目になり なおか

© 2017 OZEKI SETSUBI CO., LTD. All rights reserved.

お問い合わせはメール duct@ozekisetsubi.com