• yoshiaki tokuda

工場内粉塵対策


おはようございます!!!今日も元気にはりきっていきましょう

『粉塵』吸いたくないですよね

厳密にいえば、どこでも埃はまってます・・・大気中にもある

産業革命から現在まで、つくりて側の心情からしますと

より良い物を提供する為、精度を上げる=細かい粉塵がでる

表裏一体と言いますか、産業ロボットに対しての影響も

同じく細かい粉塵に対しては工夫をする必要があるということですよね

ロボットも動きます・・・当たり前ですが

動くということは何処かが、可動するということになり

その部分に、影響が出てしまってはメンテナンス費用もかさむ

摩耗性のある粉であれば、なおさら

となると

やはり よく吸ってキレイに排気してもらう必要性がある訳です

とはいえど

粉塵と言っても千差万別あり

いわゆる鉱物と溶接ヒュームのような煙状の粉は

大きさも違えば、取り扱いの注意点も違ってきます

※粉塵爆発の危険性あればなおさらです

切断(カット)などでお困りであったお客様の改善事例も

非常に大枠なお話になりますが、載せていきたいと思います・・・つづく

お仕事のご依頼・質問・問い合わせは

duct@ozekisetsubi.comへよろしくお願いします。  


0回の閲覧

© 2017 OZEKI SETSUBI CO., LTD. All rights reserved.

お問い合わせはメール duct@ozekisetsubi.com