• yoshiaki tokuda

自然と工業の融和1『前処理ボックス キャプチャーメーカーとしての歩み』

最終更新: 1月11日


2020年1月1日

明けましておめでとう御座います

本年も何卒ご指導宜しくお願い致します。

本年のテーマは

『脱臭』

自然と工業の融和はこれが必要!

だと最近さらに感じています

2019年は

粉じん,ミスト共に

風量に対する風速の調整BOXを

設けることで沢山の改善をご提案することが

出来ました。

ご採用頂きましたお客様には感謝と

更なる改善に向けて

まだお会いできていない方々へも

風を活用したご提案を

発信していきますので

今後とも何卒宜しくお願い致します。


1回の閲覧

最新記事

すべて表示

自然と工業の融合43『何故ホームページ、ブログに写真と実績を載せていないか』

2020年2月10日 花粉症が始まってますね つらいです。。。 弊社のホームページ及びブログに詳細が 入っていないのか... そういうお話正直多いです 御提案の特性上 お困りごとの解決に向けての内容は お客様含め社内資料になり 1件ずつ丁寧にお仕事をさせて頂き ご採用頂けた内容につきましては 相互関係の信頼内容になりますので 今後も掲載は控えて行きたいと思います

自然と工業の融合42『気付き』

2020年2月9日 本日は、日差しは温かく風は冷たい なんとも日陰は避けたいところ 製品サービスの特徴である ”特性” 現在私個人の仕事内容もそうですが どういった仕組みと内容であるか少しフィードバックする必要がありました 特に,提案内容については 初めての方が多い,当然ですが 既存の機器構造等を理解することも含めて ”初めて”な訳です 特にどうですか? という商品とサービス構成かというと少々難し

自然と工業の融合41『機器の負担を計画する目的とは?』

2020年2月8日 今週末を終わり、少し重なるとは思いますがフィードバックしていきたいと思います 集塵機やミストコレクターはコンパクトにするが故の 処理限界(濃度)があるということ これは文章単体でのご説明は難しい為 弊社のお客様にご説明する場合、順を追って詳しく説明させて頂いているのが現状 機器の能力限界値を見極めて、いかに性能を発揮していくかということが ”前処理ボックス”の役目になり なおか

© 2017 OZEKI SETSUBI CO., LTD. All rights reserved.

お問い合わせはメール duct@ozekisetsubi.com