• yoshiakitokuda

自然と工業の融合4『粉塵則にも矛盾がある』

最終更新: 1月11日


2020年1月4日 

初詣に毎年,日進市の白山宮さんに行っていますが

人の多さと活気に沢山のパワーをもらえるので感謝です

パワー

流れ

単純に言うと

全てがマッチしていると

環境を改善する設備であるのに

人がリスクを取りながら

毎回メンテナンスする

これは本当に良い形なのだろうか

初詣と逆になりますが

疑問

そこが商売になるという話もあるので一概には言えませんが

そもそも

粉塵則にある

加工工程での作業者を保護する話

ゴミの排出時は適用されません

フィルターがつまるといって清掃するときはどうでしょうか

製品ファーストの考えは正しいです

正しいがゆえに,作業者の方もそちらを優先します

ということは

やはりバランスよく将来的なメンテナンス頻度を下げる

日常ワンアクションで管理出来る

残業も無駄な作業時間も減る

やはり 調整とステップなのでしょう

配管を走るにも圧力が必要です

力の使い方は最初の選定にゆだねられます

そもそもが間違うと

配管を工夫しても

実感する改善の幅は?

決める最初のステップが逆であるとのお話

#思考力 #環境改善の本当 #局所排気装置届出 #工場の環境改善

© 2017 OZEKI SETSUBI CO., LTD. All rights reserved.

お問い合わせはメール duct@ozekisetsubi.com