• yoshiakitokuda

自然と工業の融合5『環境設備の選定について※特に付帯と呼ばれている物は慎重に選定しましょう』

最終更新: 1月11日


2020年1月5日

3でお話しております

風の流れ場所について

多くの方がイメージされているのは

まっすぐに流れているのが一般ではないでしょうか

目に見える水も

川を見ていると

まっすぐに流れている箇所はほとんどないにも関わらずです

これは,映像を端的に見ていることが大元によるもの考えています

例えば 読書も同じく

私も読書は好きで 月に3から6冊を読みます

ビジネス,脳科学,農業,哲学

読書するとはいえど

読む時間帯や内容によっては,抜粋した記憶の中で

本の内容を理解することで

ある種,間違った偏った内容で解釈しているケースが多々あります

それは,多くの人もしくは深く読むことで解消されますが

アウトプット以前のインプットでの印象記憶による

イメージが固定された場合

空気や水はまっすぐ進むものだと解釈してしまっているのです

そもそも ファンは空気をかき回しながら送り出し

入口・出口の配管をこすり向きが変わった風

これを上手く誘導して

機能させることで

環境設備は、成り立ちます。

何をどうしたら解決するのか

人生において解決しないことは無いと言います

それよりもさらに具体的な工業の世界には

解決策が溢れているといっても良いでしょう

2020年以降は

子供達の教育も思考力重視と言われており

より人間力が見直される時代に突入します

付帯ではなく

人間力を高める生産設備として

構内環境・地球環境を考え行動する時が来ている

#思考力 #環境改善の本当 #工場の環境改善 #集塵機 #地球環境 #思考力時代

© 2017 OZEKI SETSUBI CO., LTD. All rights reserved.

お問い合わせはメール duct@ozekisetsubi.com